ポータブックをセットアップするなり〜

画面キャプチャーにはLightScreenと いうソフトを使用してい ます。

セットアップする

  1. Windowsのセットアップ
  2. 回復ドライブの作成
  3. 仮想メモリを設定する
  4. WindowsUpdateの実行
  5. ディスククリーンアップの実行(WindowsUpdateファイルの削除)
  6. SDカードをVHD化して「D:\」ドライブに割り当てる+起動時に自動マウント設定
  7. ディスクイメージをとる(1回目)
  8. アプリケーションを好き放題「D:\」ドライブにインストール
  9. 細かな設定の変更
  10. ディスクイメージをとる(2回目)
  11. デバイスドライバー類をダウンロードしておく
  12. デバイスドライバー類を本体からコピーしてとっておく

一旦作業してから変更があったこと


[PortaBookメニューに戻る]


Windowsのセットアップ

極めて普通にセットアップする。ここでは特筆すべき内容はない。
スクショも撮れないので特になし。
最初のeMMCの空き容量はこんな感じ。16.6GB也
最初の一歩


回復ドライブの作成


色々始める前に回復ドライブを作成しておく。
前に他のパソコンでやったときは16GBいるって表示されたのにポータブックだと8GBでよかった(泣)

大体2時間くらいかかった。

  1. USBメモリを挿して「設定」から検索窓に「回復ドライブ」と入力。
    「回復ドライブの作成」を選択。
    コントロールパネル
  2. 「回復ドライブの作成」が出てくるのでクリック。
    回復ドライブ2
  3. あとは画面に従って作成先のUSBメモリを選択すれば自動で作成される。 回復ドライブ3
  4. 回復ドライブ4 回復ドライブ5

[Topに戻る]


仮想メモリを設定する


かなり自己満足な設定。実際は特にやる必要はないでしょう(笑)
標準だとたぶん可変長?で仮想メモリが作成されているのでこれが断片化の原因になる。
とHDDの時代はよく言われていたので設定をしておく。
eMMCで断片化させないことによるメリットはあるのかは不明。
上限値、下限値を同一にしておくことで固定化できる。目安としては実装されているメモリの半分くらいらしい。
値はとりあえず推奨値(1140MB)でいいでしょう。
ただしメモリ不足の警告が頻発する場合はこの値を2048MBとかに変えるのも手です。(ヲレはそうしました)
ただしパフォーマンスが落ちますのでその辺は用途との兼ね合いで落しどころを決めてください。
変更後は再起動が必要になります。

  1. エクスプローラーから左側の「PC」を右クリック→「プロパティ」をクリック。
    プロパティ
  2. 「システム」が表示されるので左側の「システムの詳細設定」をクリック。
    システム
  3. 「システムのプロパティ」の「詳細設定」タブが表示されるので「パフォーマンス」の「設定」をクリック。
    システムのプロパティ
  4. 「パフォーマンス オプション」画面が表示されるので「詳細設定」タブから「仮想メモリ」の「変更」をクリック。
    パフォーマンスオプション
  5. 「仮想メモリ」の一番上にある「すべてのドライブの〜」のチェックをはずす。
    仮想メモリ
  6. 設定が可能になるので「カスタムサイズ」を選択して最大サイズ、最小サイズを両方「1140」MBに変更(推奨値の場合)。
    仮想メモリ2
  7. 各画面を「OK」で閉じる。たぶん再起動を促す画面が表示されるので、再起動する。
    再起動

[Topに戻る]


WindowsUpdateの実行


ここでやっとWindowsUpdate。
ネットワークにつなげるのもここからかな?実はここまでローカルプロファイル?で作業していた。
なのでここでいつも使うアカウントを登録した。最初からやっておけばよかった。
個人的に「無線LANだと時間がかかるんぢゃないか教」の信者なのでUSB→有線LANアダプタを使用しています(自己満足)
色々当てるのに数時間がかかる&複数回再起動が必要なので覚悟しておくこと。
「最新の状態です」までWindowsUpdateを繰り返してeMMCの空き容量は1.27GB
update後の空き容量


ディスククリーンアップの実行(WindowsUpdateファイルの削除)


WindowsUpdateをしただけで空き容量が1.27GBまで減るのでここで一旦ディスククリーンアップ。
どうせロールバックなんてしないから全部削除なのだー。

  1. エクスプローラーから「C:\」ドライブを右クリック→「プロパティ」をクリック。
    プロパティ
  2. プロパティから「ディスククリーンアップ」をクリック。(しばらく待たされる)
    ディスククリーンアップ
  3. ディスククリーンアップから「システムファイルのクリーンアップ」をクリック。
    システム〜
  4. [削除するファイル」のなかから

    「以前のWindowsのインストール」
    「Retail Demo Offline Content」
    「一時 Windows インストールファイル」

    の3つあたりが容量を食っていたので選択して「OK」
    クリーンアップ
  5. この作業もかなり時間がかかる。空き容量は1.27GB→11.0GBまで増える。
    クリーンアップ後の空き容量

    以降WindowsUpdate後はこまめにディスククリーンアップが必要になる。


[Topに戻る]


SDカードをVHD化して「D:\」ドライブに割り当てる+起動時に自動マウント設定


どんなに頑張ってもeMMC(C:\ドライブ)の容量不足は目に見えているので、SDカード(正確にはmicroSD)上にVHDを作成して「D:\」ドラ イ ブとして割り当てる。
通常のSDカードを入れただけとどう違うのかについてだが、こうすることでハードウェア上からはVHDファイルがローカルのHDDとして見えるようになるため
SDカードだと通常プログラムのインストール先として指定できないものが指定できるとか、 OneDrive、DropBoxのデータ保存先として指定できるとか、とにかく内蔵のHDDとして見てくれるのは色々作業するうえで有用。
尚、microSDは事前に「S:\」ドライブに変更して作業を行った。
問題としてはUSBメモリなどを接続した状態で起動したときに、VHDを「D:\」ドライブとして割り当てているとUSBメモリが「D:\」ドライブを先に取 得してVHDが「E:\」ドライブになる場合があったので
後ろのドライブレターか思い切って「B:\」に割り振るとかしてみると良いかもしれません。
ヲレはそこまで気が付かなかったので「D:\」ドライブに割り当ててしまったけどなー。後の祭り。


手順

  1. SD(microSD)をNTFSでフォーマット。
    1. SDをパソコンに挿入する。
    2. エクスプローラーからSDのドライブを右クリック→「フォーマット」を選択
    3. 「ファイルシステム」を「NTFS」でフォーマット。 データはもちろん消えるので注意。
      SDカードをフォーマット
  2. SD(microSD)にVHD領域を作成する。
    1. VHD作成には時間がかかるので注意。尚、VHDファイルの作成は他のパソコンで行ってもよい(みたい)。
      SDへのアクセス速度も関係あるのだろうが、115GBのVHD領域を作成するのにCore i7のPCを使っても1時間かかった。
    2. エクスプローラーから「コンピュータ」→「管理」を選択
      管理
    3. コンピューターの管理から一旦「記憶域」の「ディスクの管理」をクリックしてから「操作」→「VHDを作成」をクリック。 ディスク管理
    4. 場所、ファイル名を指定する。
      ファイル名を指定
    5. 容量を指定する。丸々全容量を指定するとエラーがでるらしい?ので500MBほど空けておいた。
      尚、ルートにでっかいファイルを置くのは怖いというおっさん心理が働き「s:\vhd\VHD.vhd」とひねりがなさ過ぎるフォルダ、ファイル 名にした。 ファイル
    6. ひたすら待つ。
    7. 作成したVHDをフォーマット。
      VHDができると一旦自動的にマウントされコンピュータの記憶領域管理からは独立した1ドライブとして見えるようになります。
      まず使う前にフォーマットすることをお忘れなく。
      VHDをフォーマット
  3. パソコンを起動させた時にVHDのマウントを自動で行うように設定する。

    1. これで完璧と思いつつ、実は再起動する度に作成したVHDはマウントする必要があります。それでは面倒なので起動時に自動で行ってくれるよう にします。
    2. 「VHDmount.txt」と「mount.bat」の二つのファイルを作成。
      VHDmount.txt(S:\に置く)

      select vdisk file="S:\VHD\VHD.vhd"
      attach vdisk

      mount.bat(S:\に置く)

      diskpart -s s:\VHDmount.txt

    3. 「コントロールパネル」から「タスクのスケジュール」を検索してクリック。
      検索

    4. 「タスクスケジューラ」が起動するので右上の「タスクの作成」をクリック。
      タスク
    5. タスクの作成画面が表示されるので
      • 全般
        「名前」わかりやすい名前を入れておく
        「ユーザーがログインしているかどうかにかかわらず実行する」にチェック
        「最上位の特権で実行する」にチェック

        全般
      • トリガー
        トリガーは特に設定する項目はありません。
        トリガー
      • 操作
        「新規」をクリックして前に作成した「mount.bat」を選択しておきます。
        操作
      • 条件
        電源の「コンピューターをAC電源で使用している場合のみタスクを開始する」のチェックをはずす
        「コンピューターの電源をバッテリに切り替える場合は停止する」のチェックをはずす
        条件

画像入りでわかりやすく解説されているブログがあったのでリ ンクを貼っておきます。
ちなみにVHDをマウントするツールを作った人がいたのでこちらもリ ンクを貼っておきます。


ディスクイメージをとる(1回目)


とりあえずここまでやって1日くらいはつぶれるので、この実績を消さないためにeMMCのディスクイメージをとる。
使ったソフトはEaseUS TODO Backup
バックアップのやり方は適当にぐぐってくださ い。 EaseUS TODO Backupはインストールすると500MBくらい食うので、「D:\」ドライブにインストールしてバックアップをとるのが良いかもしれません。
書き込み速度が結構効くのでUSB-HDDを使ってバックアップとるのをおすすめ。
結果、標準圧縮で約10GBだったので予備にBD-Rに焼いて保管してます。


[Topに戻る]


アプリケーションを好き放題「D:\」ドライブにインストール


ここからアプリケーションのインストール。
アプリケーションは「D:\」ドライブに可能な限りインストールする。
腐れ外道なアプリでない限りは大体「カスタマイズ」インストールでインストール先を指定できるはず。
メジャーな腐れ外道なアプリだとchromeとかですかねぇ。 大体ヲレちゃんがインストールするアプリはここにまとめておきます


細々した設定

  1. 見にくいフォントを一発で書き換える。
    1. 窓 の杜からソフトをダウンロード。
    2. 適当に解凍してどっかに展開(USBメモリでも可)
    3. 画面を見ながらお好みのフォントに書き換える。
      フォント書き換え
  2. 解像度を100%に変更したときに画面がにじむ(ピンボケ)するのを防ぐ。

    1. こ こから ソフトをダウンロード。(海外サイト注意)
    2. 適当に解凍してどっかに展開(USBメモリでも可)
    3. 起動して「Use Windows 8.1 DPI scaling (our fix)」にチェック入 れてパーセンテージを選んで「OK」
      画面修正
    4. 再起動したら設定が生きるよーってメッセージがでるので再起動する。
      再起動後、画面のにじみが消えているか確認する。
      再起動
  3. WindowsUpdateを自動でさせない等の設定を行う。(わかる人向け)

  4. 「hosts」ファイルの書き換え。(わかる人向け)


ディスクイメージをとる(2回目)


ここまでで初動作業はほぼ完了。
なのでここまでの状態を保存するために再度ディスクイメージを取ります。
microSDカード(VHD)は他のパソコンに突っ込んでmicroSD上のファイルをコピーすればOK。
コピーだけで1時間(汗)


デバイスドライバー類をダウンロードしておく


ドライバ類をキ ング ジムのサポートページからダウンロードして保管しておくことをおすすめ。


デバイスドライバー類を本体からコピーしてとっておく


キングジムのHPからダウンロードしたデバイスドライバでは足りないらしいので、
すでに本体にインストール済のデバイスドライバー類を別メディアにコピーしておく。
具体的には「C:\Windows\System32\DriverStore」の中をコピーしておけばOK(らしい)


とりあえず、ここまでやって使い始めるか。ああ、疲れた(;゚д゚)


[Topに戻る]