二年間の緊張と目標


2018年01月より2019年12月までの24ヶ月間。
緊張を持続させつつ長年の問題を解消するために目標を設定する。


最終目標


予定成果物


戻る。